*現在コロナウィルス感染予防の関係上、米国外からの募集を行っておりません。今後状況が落ち着きましたら、登録いただいている方に対し、定期的に募集中の治験の情報をメールにて御案内させていただきます。

Back to top

臨床試験と治験の違い

臨床試験とは、新薬や医療機器、病気の予防・診断・治療に関連する製品の安全性と有効性を確認する過程を指します。言い換えれば、ある病気に対して、特定の疾患に対して、どの治療方法が有効でかつ安全であるかを調査する試験のことを臨床試験と言います。

一方、治験とは、新しいお薬や医療機器が国から承認を得るために、その安全性や有効性を確認するプロセスを指します。新薬の有効性(効果)と安全性(副作用)を何段階にもわたり慎重に調査し、検証するプロセスで、治験は臨床試験の一環と言えます。

参加者の皆様とともに歩む治験

アルタサイエンスは1992年創立以降、沢山の方々に治験にご参加頂き、新薬や治療法の開発支援に尽力して参りました。500名以上の従業員と共に、毎年285件以上の治験を行っています。日本人の治験にいたっては、2022年時点で170件以上の治験を行い、また1,800名以上の日本人が参加くださいました。これまで治験へのご参加いただいた皆様に心から感謝申し上げると共に、皆様のご協力を今後の医療の発展に繋げる努力を続けて参ります。

アメリカでの治験ボランティアに参加する意義

治験に一度も参加したことがない方の中には、参加に対して多かれ少なかれ不安に思ったり、そもそもなぜ治験に参加する必要があるのだろうと疑問をお持ちになる方がいらっしゃると思います。しかし、人々の命を救う可能性がある新薬や治療法の開発には、治験参加者の協力が必要不可欠だと言うことをご存知でしょうか?また、アメリカの治験に日本人が参加することで新薬がより迅速に日本の市場に届けられる可能性が高まります。

お問い合わせ

 

営業時間: [月曜日~金曜日] 午前 8 時~午後 6 時(太平洋標準時間/PST)

米国内日本語専用窓口: 1 877-997-9228

メールアドレス: Japanese@altasciences.com

住所: 5630 W Cerritos Ave, Cypress, CA 90630